前へ
次へ

野菜や果物の力でキレイになろう

入浴剤を湯船に入れるだけで、美容効果が期待できます。香りはもちろん、配合されている成分によっても様々な効果が同時に得られるようです。例えば、炭酸ガスの入浴剤は、一般的には血流を促進させるからコリに効果的といわれていますが、肌の汚れ、毛穴の中の汚れも炭酸の細かな気泡が入り込みかき出してくれるので、老廃物が除去されてつるっとした健康肌になります。季節の果物や野菜などの入浴剤も、お隣の美容国では定番化しています。ミカンの皮に含まれているリモネンには、保温効果があるので、身体を芯から温めることができます。ゆずの皮にはクエン酸やビタミンCが含まれていて、美肌効果が期待できます。りんごの皮には、りんご酸が含まれていて、角質を取り除き、肌をなめらかにしてくれる効果があります。また、大根の葉には代謝を促す作用があって、ポイントは乾燥させてから使うという点です。漢方の世界では生薬だけでなく、こうして天日干しにしてさらに成分を凝縮させてから身体に摂り入れることのほうが多いようです。また、卵の殻の内側の白い膜には胎児型コラーゲンが含まれていて、美肌づくりに適していますから、湯船に入れるほど卵を一度に使う機会はないでしょうから、桶にお湯と白い膜を入れて洗顔をするだけで保湿性が高まります。また、化粧水、ボディミストに入れておくのもおすすめ、野菜や果物だから安心です。

美容分野のメディアコミュニケーション
マヴェリックが幅広く対応していきます

Page Top